プロフィール

mahalo

名前:mahalo
毎日がヨガ、2児のメンズ母、そして主婦

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック

自律神経

出ました左寄せ まじめです

「自律神経の働きを整えます」「副交感神経が働きやすくなります」レッスンでよく使う言葉。

ヨガを始めた最初の頃はこの自律神経ってのがよくわからずぼんやり
神経って神経質の神経?っとひどい始末。学んだ年齢すら思い出せない遠い過去・・・神経と言えばニューロンだのシナプスだのギザギザに囲まれた妖怪みたいな絵の記憶が蘇えるがやっぱりぼんやり。そしてこの話しはどうでもいい。

限られたレッスン時間ではなかなか伝えられない自律神経
ヨガをやる上でもこの自律神経は必須。自律神経をがっつり理解しようとすると間脳やら視床下部やら延髄、脊髄・・・・もう眠くなる言葉のオンパレード。

ざっくりといきましょう。だいたいでいいんです。イメージできればそれでいいんです。

自律神経を理解する前に神経って一体なによ?
例えば高校野球の試合中、監督がピッチャーに指示を出したいとき直接ピッチャーへ伝えずベンチにいる選手(以下ベンチ君)へ伝えますよね。そしてベンチ君は小走りでマウンドに行きピッチャーへ監督からの伝言を伝えます。

この光景は野球ファンでなくとも見たことがあります。

監督=脳 ベンチ君=神経 ピッチャー=筋肉 
とても重要な役割のベンチ君=神経なのでした。

脳・神経・筋肉があって体は動く。(もちろん骨とかも必要ですがざっくりいきます)
神経は頭の上から足の先まで全身に存在する。
神経をみたいにイメージしてみるともっと理解しやすい。脳から大量に出たが背骨を通り各筋肉や器官に向かって伸びているイメージ。

神経にもいろいろあり中枢神経やら運動神経やら交感神経やら・・・
聞いたことあるけど眠くなるのでざっくりです。

ヨガをやるうえで覚えておきたい
「自律神経」=自分の意思とは関係なく働く器官を動かす神経

①ラーメンを食べ
②胃の中のラーメンを消化し
③暑くて汗が出る

自律神経が働いているのは②③
②脳から「ラーメンを消化しなさい」と自律神経に伝わり自律神経は胃に伝え消化が始まる
③脳から「暑いので体温を下げなさい」と自律神経に伝わり自律神経は汗腺に伝え汗が出る
(ちなみに①は体性神経が働いて起こる動き)

「消化しちゃおっかな~」「汗出してみるか!」と思っても出来ません。
それをやってくれるのが自律神経。すごいな~自律神経ってのは。意識して動かすことのできない内臓・呼吸に働きかけてくれる(この呼吸については後日じっくり)。
この自律神経がきちんと働かなくなると・・・・想像するだけで恐ろしい

体って複雑でホントすごい
天才だなんて言われたことないけどこんな複雑なことをしているわたしの体は天才

「交感神経」「副交感神経」から成り立っている自律神経。

長くなってきたのでこれはまた次回

スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR